愛蘭土語学留学日記

アイルランド・ダブリンに行ってみました

日本の歴史、アイルランドの歴史

Hello. I'm Harbie.

今日はいろいろありましたが(テストの結果が帰ってきたり、公園に行ったり)、

一番気になったのは先生による北アイルランドの歴史

 

金曜日は毎週テストなのですが、その後先生が北アイルランドの歴史について

あれはもはや講義だな...

授業を受けました

 

恥ずかしながら、私は比較的歴史には詳しい方なのですが、

アイルランドの歴史については非常に断片的というか、薄いです

正直来る前まではOconnel も知らなかったですし...

というよりも知っていたのは、

グラフストン・アイルランド自由国・エール、

そして我らが The Republic of Ireland (アイルランド共和国)だけでした

 

で、授業

特にフォーカスされたのは1960年以降のアイルランド

1960年にアメリカで始まった公民権運動(Civil-rights movement)の影響をうけ、

民族意識の高揚→北アイルランド独立運動に発展します

そのなかでプロテスタントカトリックの比率が微妙な北アイルランドではNatinalist(カトリック)vsUnionist(プロテスタント)

の構図になります。どうやら若い世代=Catholics おやじ世代=Protestantsらしいです。

その運動は70→80年代にかけてどんどん酷くなり(IRAなどは日本でも有名)、

最終的に90年代に入って休戦という形になります。

 

ですが、現在でも北アイルランドの7月12日はOrange Orderというイベントがあり、暴動が起きます。

それはプロテスタントカトリックを打ち破ったWilliam of Orangeを称えるお祭り

ほぼカトリック/プロテスタント比率が50%ずつのこのエリアにおいてこんな祭が続くことは、少なくとも快いものではないです。

 

そして先生は

「君たちはどうおもう?率直に聞かせてほしいんだ」

と何度も聞きました。

 

ある女の子は

「悲しいかな。同じエリアに住んでいるのに憎しみ合っていて...」

と言っていました。

 

でも、正直私はとても言えなかったけれど、

そこまでしてなぜ宗教というモノを信じようとするのか不思議でたまらなかったです。

平和なうちに宗教というモノに熱心になるのは分かる。

でも、それが原因で争いが起こるとしたら、なぜそれを信じるんだろう?

と思ってました。

 

しかしこんな違いを感じながら、同時に私は日本の60年代を思い出してました。

安保闘争、あの時代――。

私は全く生まれてなかったけれども、60年代日本だってもしかするとアイルランドと同じだったんじゃないでしょうか?

最終的に日本もアイルランドも結局英米に飲まれる形となったけれども、

自分の国を、自分自身で守り、自分自身で成長させる

これは今でも時々発作のようにデモとして、暴動として現れます

 

でも、答えはまだわからない。

北アイルランドアイルランドに併合されるのが幸せなのか、イギリスに併合されたままが幸せなのか。

いや、独立や併合にそもそも幸せなんてないのか――。

Introduce myself and explain the theme of my blog

 

はじめまして。ハ―ヴィーと言います。

大学女子3年生、21歳。好きなものは本と歴史!

すごい陰の暗い人間みたいな紹介ですね(笑)

 

さて、このブログでは私の留学体験を、できるだけリアルタイムかつユーモラスに書く予定です。

ちなみに国はアイルランド。都市はダブリン。語学学校はDCULS。

期間はたったの1年!仕方ない、お金ないからね。

 

別にありふれた留学体験ではあるのですが、それを公開しようと思った理由は以下の3つです。

 

 

f:id:livingfreely:20160929040349j:plain

アイルランドに飛行機で来た時に見える景色。みどりがただただ広がり、眩しい。

 

1.ダブリンという情報の少ない都市

DCUには日本人は(本当に)多いですが、アイルランドの情報はアメリカなどのメジャー留学国に比べて少ないです。いやー、本当にアイルランドってなかなか実態が日本ではつかみにくい国ですね。来て、認識とかなり違うことが多いです。

そのため、少しでも私の経験が、今現在ダブリンに留学しようと思っている人の助けになれば...と。少なくとも私は情報収集にかなり苦労したので...

 

 

 

2.休学という選択

私は日本人としては非常に珍しく、1年休学という形で語学留学しています。理由はまた後日書く予定ですが、私はあえて大学の協定を利用しなかったメリットも非常に感じています。

休学するということは、非常に勇気のいる行為です。

1年生から仲良くしていた友達と、一緒に卒業できない(これは本当に切ない)。

復帰してもほとんど知り合いがいない...。

ですが、私は休学を選んだことを後悔していないし、むしろ感謝していることも多々あります。そんな人の心の支えに少しでもなれれば...。

なんか、押しつけがましいな(笑)

 

 

3.記録することによる私の成長

残念ながら、このブログは完全なる自己満足です。日々の生活を思い出して綴る、日記と一緒です。ですから、他の素晴らしいブログとは違い、個人的なことを書くつもりですし、一般的でないことも書きます。

もちろんそうした書き方が、よくないと思っていらっしゃる方がいるのも知っています。

ですが、私はそういった個人的なブログを読むことも好きです。変に気取ってない感じがするし(私にとって気取ってないというのは実に大切な要素)、書き手の性格とか、心とかが伝わるので。

 

話は変わりますが、私は本が好きです。本好きの方には同意して下さる方もいらっしゃると思いますが、本当にお気に入りの「人生のバイブル」と呼ぶべき本が私にもあります。

そのうちの一つが『深夜特急』(大学生で読んでいない人は是非読むべき)。著者の沢木さんがバックパックで香港からロンドンに行く話です。生々しくも、美しい言葉のセンスが随所にちりばめられた、宝探しのような本。

しかし、言ってしまえばこれも個人的なストーリーなわけです。

 

ですが、面白い。

役に立つか立たないなんて、面白いという指標には到底かなわない。

 

書き物において最も重要なことは、面白いか否か。私は少なくともそう思います。

 

そして私が心から面白いと思うのは、相手の心がわかる文章。

ですから、名前をイヴァン・アシモフ著の『Robots; Liar!』に出てくる、人の心がわかるロボット、ハ―ヴィーにしました。

英語を勉強中の方は是非一度さらっと読んでみると面白いと思います。実に明瞭な記述で分かりやすいです。

 

 

…とはいっても、私のブログが面白いというわけではないんですけどね(笑)

精進します...

 

では、また。